ブラックリストに登録されると、大手金融機関の利用は難しくなる

債務整理などを行いブラックリストに登録されてしまうと、一定期間、金融機関の利用が制限されてしまいます。しかしそんな場合でも急にお金が必要になることもあります。

 

ブラックリストに登録されていても、完全にお金が借りられないわけではありません。ここではブラックリスト入りしていても、お金を借りる方法について解説したいと思います。

 

ブラックリストに登録されてしまうと

任意整理や個人再生、自己破産など債務整理の手続きを行うと個人信用情報に記録されてしまいます。各金融機関は利用者の信用情報について信用情報登録期間に保存し、参照できるようにしています。そこで個人信用情報に債務整理の記録が残ると、一般に言うブラックリストに登録された状態になり、新たなキャッシングやカードローンの利用が制限されてしまうのです。

 

ブラックリストに登録されると最低でも5年間はキャッシングが利用できなくなる

債務整理などの記録が個人信用情報に登録されると、その記録は最低でも5年間ストックされます。そこで5年間はキャッシングの利用ができなくなります。逆に言えば5年間我慢すれば、ブラックリストに登録された状態は解除され、キャッシングにも申込みができるようになります。しかし問題はその5年の間に急にお金が必要になった場合のことです。

 

金融機関の利用以外の方法を考える

ブラックリストに登録されると利用できなくなるのは大手の消費者金融に留まりません。銀行カードローンや信販系クレジットカード会社のカードローンに申し込んでも審査で落とされてしまいます。そこでブラックリストに登録されている状態でお金が必要になった時には、金融機関を利用しないで済むような方法を考える必要があるのです。

 

ブラックリストに登録されている時にお金を借りる3つの方法

ブラックリストに登録されると金融機関の利用以外の方法を模索する必要があります。これらはいずれも苦肉の策といえるものですが、金融事故を発生させている以上やむを得ないのです。

 

周囲の人物から借り入れる

ブラックリストに登録されている場合にお金を借りるもっとも有効な方法が、家族や友人などから借り入れるという方法です。金融機関の利用ができないために人間関係に頼るしかないのです。

 

誠意を見せることが重要

知人からの借入れは、人間関係を毀損される必要もありできれば避けたいものです。しかし止むに止まれぬ事情があれば、そうも言っていられません。そのような時、大切となるのは誠意を見せることです。
なぜお金が必要なのか懇切丁寧に説明し、あらかじめ借用書を用意することが大切です。

 

そしてかならず返済することを約束するのです。あくまで貰うのではなく借り入れるものなので、当然ながら期日が到来したら返済しなければなりません。そうしないと人間関係が完全に壊れてしまう結果となってしまいます。

 

生命保険や会社の融資制度、あるいは質屋の利用を検討する

生命保険に加入している場合、「契約者貸付」と呼ばれる制度を利用できる場合があります。また会社によっては従業員に対する貸付制度がある場合があります。もしそのような制度が利用できるのであれば、その制度を利用するという手もあります。

 

所持品を換金する方法もある

しかしブラックリストに登録されるほどにお金が困っている場合には、生命保険に加入していることは稀です。そこで次に検討すべきは質屋の利用です。貴金属やデジタル機器など、質屋で換金可能な財産を保有していれば、それらを換金してもらうという手もあります。

 

また時間を要するものの、インターネットオークションを利用して不要な財産を売却し換金することも可能です。ただし数万円レベルまでなら財産の換金によって作れますが、数十万円という水準の金銭を財産の売却によって形成するのは困難であるため注意が必要です。

 

中小の消費者金融に申し込む

ブラックリストに登録されていると大手の消費者金融の利用はできなくなります。というのも大手ではかならず個人信用情報の照会を行うからです。しかし中小の独立系消費者金融であれば、ブラックリストに登録されていても融資に応じてくれるところが存在しています。そこはいわゆる「ヤミ金」と呼ばれる違法業者ではないため、安心して利用することが可能です。

 

地方のカードローンが狙い目

中小の独立系消費者金融がブラックリストに登録されている人物に融資する理由は、大手との差別化を図っているからです。逆に言えば、通常の顧客の多くは大手に奪われているため、中小の消費者金融はブラックリストに登録されているような人物に対して融資をしないと利益をあげられないのです。

 

中小の消費者金融を選ぶ際には地方のカードローン会社が狙い目となります。首都圏には大手消費者金融や銀行カードローンが乱立し競争が激しくなっているため、独立系の中小消費者金融は少なくなっていますが、地方にはまだ残っています。そのような会社に申しこめば、ブラックリストに登録されていても融資が受けられる可能性があるのです。

 

金利が高くなりがちである点に注意

中小の消費者金融に申しこめば、すべての人が融資を受けられるわけではありません。やはり審査において落とされる可能性はあり、また融資が決まっても金利は高くなりがちになります。法令が許す最高金利の20%にまで達するのが通常であるため注意が必要です。

 

また利用に際しては、いわゆる「ヤミ金」に手を出さないように注意する必要があります。正式な貸金業者は財務局からの許認可を受けて営業しています。ホームページなどで財務局の許認可ナンバーを確認するなどして、正式な貸金業者であるか確認しておくことが大切となります。

 

借金がほんとうに必要か再考することも大切

債務整理をして債務額を減額したにもかかわらず、新たな借入が必要であるという時点で、何かしらの問題が発生しています。止むに止まれぬ事情があるにせよ、新たな借入をするのであれば債務整理をした意味がなくなってしまうのです。

 

借金を諦める勇気も必要

債務整理をしたということは、借金を返済することを諦めたことを意味します。そうであるなら、もう借金すること自体を諦める必要があるのです。厳しい言い方をすれば、返済ができなかった人物には借金をする権利はありません。そこでもう借金に頼る生活を改める必要があるのです。

 

貯蓄することを意識する

債務整理で借金の減額を受けたなら、次には貯蓄することを考えるべきです。そもそも一定の貯蓄額があれば、突発的な出来事が発生して出費に迫られても貯蓄を取り崩すことで対応できます。貯蓄がないからこそ借金に頼ることが迫られるのです。

 

そこで借金に頼り続けてきた生活スタイルを改め、貯蓄していくように改善すべきです。ブラックリストに登録されていても借金することは不可能ではありませんが、借金を続けていると、債務整理に追い込まれた過去の失敗を繰り返してしまう可能性があるのです。

人気のカードローン

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日