利用痕跡を見せずにキャッシングがバレない方法に繋がる

借金利用時に家族や知人に知られないようにキャッシングする事は可能ですが、利用した痕跡を消さないと家族にバレる事にもなります。

 

審査申し込み時の業者選択も重要ですが、利用時の行動等にも注意を払わないと、途中でバレるリスクはありますから、バレる可能性のある代表的な3パターンを知っておくとリスク管理に繋がるでしょう。

 

通帳履歴でバレる、ローンカードでバレる、業者からの連絡でバレるというのが主な3パターンとして知られています。通帳から知られる可能性は多く、家族のお金を1つの口座で一括管理している場合は注意が必要になります。

 

借入れの利用をバレないようにするためには

返済方法には複数の方法があり、ネットバンク利用や振り込み、口座振替を行えば取引履歴が残る事になりますから、家族が確認出来る通帳を共有している時には避けたい返済方法になります。口座への痕跡履歴を残さずに返済する場合はATM利用を行う事が必要であり、明細書がその場で発行される事になりますから、明細書もバレないようにして使うと良いです。

 

ローンカードを家族に見られる事でバレるのも多く、家族が見れる所にカードを置いている時にバレるという場合は多々ありますから、しっかりとカードは管理しておく事が必要になります。カードを出す時に銀行カードやポイントカード等と一緒に紛れさせて、そこから知られてしまう可能性もありますから、厳重に管理した上でカードローン利用を行う事が望ましく、うっかりしてバレる事が無いようにしたいものです。

 

財布に入れるにしても、バレにくい所に居れたり、家族に財布を託す事が無いようにしたり、銀行カードローンの場合はキャッシング機能を付ける事も可能ですから知られる可能性が少なくなりますが、とにかくどこかに置いて放置しない事が大切と言えます。

 

家族にバレる事なく審査申し込み出来る業者を使っていても、返済時に延滞や滞納をしてしまえば業者から連絡が来るという状況になり、そこでバレる事もありえます。最初は携帯電話やメールでの催促があり、そこで返済日に忘れていた時はすぐに払えば問題は無いですが、そこで放置して滞納してしまうと自宅への電話や郵送物が届く事になるものです。

 

自宅だけではなく勤務先にも電話連絡が来てしまい、そこから家族や職場、知人と色々な所で借金利用が知られてしまうリスクがありますから、借金を行った以上は返済期日には確実に支払うようにして利用が有効と言えます。

 

返済確認が取れない状態でも、金融業者はいきなり自社名で郵送書類等を送ってくる事も無く、職場にも個人名でかけてきてくれますから、キャッシング業者と知られないような配慮を行ってくれるものですが、継続的に電話や郵送物が届く状況になれば流石に周辺も違和感に気が付くものです。

 

こうした金融業者の仕組みを知っている社会人の方も居ますから、そういう方には一瞬でバレてしまい、それが口の軽い方ならば一気に職場に伝染する事もありますから、契約ルールに従い確実な完済を目指しましょう。

 

返済準備が間に合わない場合

返済準備が整っていない場合はこちら側から金融業者に電話連絡を入れる事が礼儀であり、事情を話するとしつこい電話等は無く対応してくれるものですから、くれぐれも支払い出来ないからと放置してしまう事は避ける事です。

 

一部返済だけで対応してくれたり、利息分だけ返済したりと、一時的な対応策を提示してくれる可能性もありますから、返済不能になった時は業者に相談する事は必要であり、謝罪をする事で誠意を示して、業者側も何とか返済出来るようなアドバイスもくれます。

 

返済計画を立てて、利息負担総額や完済までに必要になる日数計算等も行なえば、途中で返済出来なくなる可能性は軽減するものです。

人気のカードローン

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日