どのような金額でお申し込みしようとも審査の合格率には影響しないのか?

ほとんどの消費者金融もしくは銀行においてのキャッシングが行える上限金額の最低ラインは10万円に設定されています。この10万円という上限金額は、初めてキャッシングを行う方に向けて設定されることが多く、中でも学生の方はこの金額になるケースが多いでしょう。

 

私の場合(プロミス)もキャッシングができる上限金額については、学生ということで10万円に設定されました。キャッシング会社から設定される10万円という金額は、この業界においては、最低ラインであることから、審査で合格であることには変わりありませんが、それほど信頼されていないというのも確かです。

 

ですから、キャッシング会社としては、まずはしばらくキャッシングを行わせてみて、10万円をきちんと返してくれるのであれば、10万円以上のキャッシングを行わせるという感覚だと思われます。

 

銀行や消費者金融では月々の給料、どこに勤めているかで少ないとされるキャッシングの金額が変化する

キャッシング会社にとって、10万円は少ない金額の部類でありますが、これは学生の方も含まれている金額であって、普通のサラリーマンや公務員となれば、30万円を少ない金額として扱われることが多いとされています。

 

楽天銀行では楽天スーパーローンが取り扱われていますが、これを利用するとなった場合、基本的には電話で在籍確認が行われるものですが、キャッシングの上限金額が30万円の場合は在籍確認が行なわれないケースがあるようです。

 

よって、少ない金額のラインというのは、お申し込みされる方がどこに勤めているか?や月々の給料によって変化するものであって、さらに言えば、銀行と消費者金融のどちらでキャッシングを行うかによっても変換するものと言えます。

 

いくらでお申し込みしても同じという情報は、ほぼ誤りである

キャッシングを行う際の審査に関しては、様々なことが言われています。例えば、最初にお申し込みする際のキャッシングが行える上限金額はいくらでお申し込みしても同じということを聞きますが、これは誤りと思って頂いて結構です。

 

これの言わんとしているところは、キャッシングが行える上限金額でアウトになっても、審査で不合格となることはなく、その代わり、それより低い上限金額にされるということでしょう。ただ、上記の例は少し稀なケースとも見られ、大抵の消費者金融、銀行においては、大きな上限金額でお申し込みすることで審査では不合格となるケースが多いと言われます。

 

上限金額を多くする方は、返済を遅らせることが多々ある

これに関しては直感でお分かりになるかと思われますが、自身の給料とは合わないような上限金額でお申し込みされる方はほとんどの場合、返済が遅れると言われていて、ひどい場合は借金が大きくなり過ぎて破産も珍しくはないようです。

 

このことは、普通に考えれば当然であります。現にキャッシング会社等における調査でもこのようなデータが残っていますので、上限金額を多くする方は審査ではそのほとんどを不合格としていると言われています。以上のことから、キャッシングにお申し込みする際は、極力上限金額を小さくした方が、審査でも合格しやすくなると言えるでしょう。

 

少ない金額に特化されたキャッシング

プロミスやアイフル等以外の比較的小さな消費者金融では、女性の方向けのキャッシングや学生の方向けのキャッシングといった特定の人に向けられたキャッシングサービスが行われていますが、それらの中には少ない金額に特化されたキャッシングサービスが存在します。

 

少ない金額のみを取り扱う会社は要注意

少ない金額のみを取り扱うような会社の多くは、法律で決められたものと同等の金利でお金を貸し出しています。つまり、法律では20%が上限となっているので、この20%でお金の貸し出しを行っているのです。
20%と言えば、プロミスやアイフルにおいては、返済を遅らせてしまった時の金利となっています。

 

要は罰則時と同じ金利でキャッシングを行わせている

プロミスやアイフルにおいての罰則時と同じ金利をこれら以外の小さな消費者金融では当たり前に適用しています。別に法律に違反しているわけではないので、闇金融とは言えませんが、あと少しでも金利が上がれば闇金融となってしまうので、数字そのものを見れば、”準闇金融”と言えるでしょう。準闇金融と言われれば、このような場所でのキャッシングは良くないということが十分お分かりになられたかと思われます。

人気のカードローン

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日