お金を借りてでも補った方がいい事もある

ギリギリの生活をしている中で特にかかる金額の増減が激しいのが光熱費です。エアコンやお風呂などは夏や冬など気候によってかかる光熱費に大きな違いがあるので、かからない月に比べると家計を圧迫してしまいます。

 

とはいっても夏は異常な暑さになる事も多くなっているので、熱中症を防ぐためにもエアコンは必要ですし、それらの光熱費は健康な生活を送るにはどうしても必要不可欠な費用です。

 

生活するのに最低限必要な事に使うお金が足りない時などにキャッシングを利用する人も少なくありません。もちろん毎月のようにキャッシングに頼って生活していく事は不可能ですが、どうしても困った時にはとても助けになるでしょう。

 

キャッシングは恐いものではない

キャッシングに対するイメージは、あまりいいものではないという人もいるでしょう。借金で生活が破たんしたり、怖い人が取り立てに来たりすると思っている人も少なくありません。かつて消費者金融では無理な貸付や取り立てを行って問題になっていた時期もあるので、実際そう思われていても仕方のない部分がある事も確かです。

 

しかし、今ではそのような問題を受けて国が動き、法律がきちんと整備された事もあって無理な営業をする大手消費者金融はありません。貸金業者の中にはヤミ金のような悪質なものもあるので、業者選びの際は十分に気をつけなければなりませんが、誰でも知っているような金融機関であれば法外な扱いを受けるという心配は全くありませんので安心してください。

 

お金を借りた方がいい場合

借金をしないで生活をできればそれが一番いいのですが、今の時代は不安定なので、安定した生活を送る事が難しい人もたくさんいます。生活に必要な水や電気、ガスなどの光熱費も、支払いが滞れば止められてしまいます。そうなると人として最低限度の生活を送る事もままならず、仕事にも影響が出てしまう事になるでしょう。

 

働いて毎月の収入が確保できているのであれば、どうしても困った時一時的にキャッシングを利用して生活費に補てんするというのも時には有効な手段になるかもしれません。そのような生活費にかかるお金は人によって違うとはいえ、1、2万円借りればなんとかその場をしのげるかもしれません。

 

キャッシングはそのような小額の融資を受けたい人にとってとても利用しやすくなっています。その程度の金額であれば利息も月300円するかしないかですし、返済もその気になればすぐに完済しやすい金額です。毎月コツコツ返済しつつ、まとまったお金が出来たら残高を清算する事もできます。キャッシングも常に借りては返すを繰り返していれば当然借金は減りませんが、それ以上借りなければ返済のみ続けていけばいいのです。

 

安定して働くために

生活をしていくには安定した収入がどうしても必要です。キャッシングを利用するにあたっても最低限の条件として安定収入があります。お金が足りないという事はとても不安でストレスになる事です。借金ももちろんストレスの原因になるのですが、何が何でも借りないで生活しようとして日常が破たんしてしまうと、肝心の仕事にも支障が出てしまいます。

 

食事や休養、お風呂や洗濯で身ぎれいにしておく事なども社会で生きていく為には大事な事です。生活費のためにキャッシングをするというのは気がひけるかもしれませんが、場合によっては借金をしてでも生活の基盤を整えて、しっかり収入を確保し続ける方が長い目で見ると安全かもしれません。

 

小額のキャッシングなら審査も通りやすい

生活の足しにする程度の小額融資であれば、比較的簡単に審査も通る事が多いです。特に消費者金融の場合は審査も銀行より早くて融通がきくので借りやすいでしょう。大手消費者金融であれば健全に経営していますので、初めての人や女性でも安心して利用できるようにサービスが充実していますので、昔の危ないイメージとは随分違っている事に驚くかもしれません。

 

10万円までの融資であれば審査早く、アルバイトやパートの方でもすぐに借りられます。必要な書類も本人確認書類だけでいいので準備も楽です。消費者金融には総量規制というものがあって、年収の3分の1まで借り入れをする事ができますので、まとまった年収があれば50万円までの限度額なら収入証明なしで借りる事も可能です。

 

無利息期間をうまく活用する

消費者金融のプロミスやアコムでは、30日間無利息というサービスがあります。初回利用時から30日間と契約後30日間とありますので、同じ30日間無利息でもどちらのタイプなのか確認が必要ですが、いずれにしてもその期間内は限度額までいくら借りても無利息ですし、期間内に完済してしまえば利息は全くかからずに融資を受けるという事すらできてしまいます。

 

無利息期間を過ぎて残った額に対しては通常の利息がかかり始める事になりますが、銀行のカードローン等にはないサービスなので小額の融資を希望する人にはおすすめです。銀行と消費者金融で金利を比べると、銀行の方がやはり安いのですが、10万円に満たないような小額融資だと、どちらも最大金利を適用される事になるので、実質それほど大きな差がないのが現実です。

 

そうであれば審査のハードルが高くて時間のかかる銀行よりも、無利息期間のある消費者金融で借りる方が便利でお得になる場合もありますので是非検討してみるといいでしょう。キャッシングは生活に困った時にはとても素早く借り入れもできるので便利ですが、借りる事が日常化してしまうと借金はあっという間に増えてしまい、返済に追われる生活になってしまいます。

 

そうなるかどうかは業者ではなく利用者の使い方にかかっていますので、借り過ぎには十分気をつけて安全に利用するようこころがけましょう。

 

返済負担を楽にできる!無利息期間ありのキャッシング!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

プロミス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

人気のカードローン

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日