消費者金融と銀行カードローンで、借り換えの基準金額は異なる

おまとめローンを利用すると金利負担を軽減できるため、多額の借金を抱えている場合には効果的な方法です。年収が200万円の人がおまとめローンを利用する場合、借金額と利用するローン会社によってその選択基準は異なります。

 

消費者金融のおまとめローンを利用する場合、100万円以上の借金を借り換えなければ金利が下がらないのに対し、銀行カードローンを利用すると50万円程度の借り換えでも金利の軽減効果は得られるのです。

 

消費者金融では100万円以上を借り換える必要がある

大手の消費者金融の金利は100万円を超えないかぎりあまり下がることはありません。利用者の信用度によって金利水準は変わりますが、アコムなどでは「100万円まで実質年率18%」と明記されているため、借入金額が100万円を超えないかぎり金利が低くなることはないのです。

 

そこで100万円未満の金額でおまとめローンを利用しても、金利を低くすることはできません。借金の一本化が図れて、管理がしやすくというメリットは得られるものの、金利の低減効果は得られないため注意が必要なのです。

 

アイフルのおまとめローンでは、100万円未満の利用でも金利を低くできる

消費者金融では借入金額が100万円を超えないかぎり金利が低くなりませんがその例外があります。アイフルのおまとめローン「おまとめMAX」です。

 

「おまとめMAX」の金利は12.0%〜15.0%とされており、100万円未満の場合には15.0%が適用されます。

 

消費者金融では100万円未満の借入れに対する金利はどこも18.0%となっているため、アイフルのおまとめMAXに借り換えた場合3.0%分の金利を安くすることができるのです。

 

年間3万円も利息を安くできる場合も

100万円の借金を抱えている時、3.0%の金利が安くなると、月々2500円、年間に換算すると約3万円利息が安くなります。年間に3万円も利息を安くすることができるので、消費者金融のおまとめローンの利用を検討する場合、アイフルの「おまとめMAX」は第一の選択肢となります。

 

なおプロミスとアコムのおまとめローンでは、100万円未満の利用で金利が変わることはほとんどなく、100万円を超えた借り換えによって金利の軽減効果が得られることとなります。

 

銀行カードローンを利用して、借金の一本化を図る方法も

消費者金融で複数の借り入れがある場合、消費者金融のおまとめローンを利用する以外にも銀行カードローンを利用して借金の一本化を図り、まとめるという方法もあります。

 

この銀行カードローンを利用できれば、借金総額が100万円未満であっても金利の軽減効果を十分に得られます。

 

銀行カードローンなら、50万円の借金に対しても効果あり

消費者金融で借り入れた借金が50万円あれば、銀行カードローンに借り換えるだけで金利の軽減効果は得られます。借り換えによって安くなる月々の支払利息は約1500円、年間に換算すると約1万8000円となります。

 

さらに100万円の借金を銀行カードローンで借り換えると、軽減される利息は月に3000円、年間で36000円となり、200万円の借金では、月に6000円、年間で72000円もの金額の利息が軽減されることになります。銀行カードローンの金利は、消費者金融よりも低い傾向にあるため、消費者金融の借金を銀行カードローンに借り入れできればこのように大きなメリットを得られるのです。

 

効果がない銀行カードローンもあるので注意が必要

消費者金融の借金を銀行カードローンに借り換えれば、利息の軽減効果が得られますが、ここで注意が必要なのはすべての銀行カードローンで効果が得られるわけではないということです。たとえばオリックス銀行では100万円未満の金利は17.8%とされており、これはプロミスの金利と同じで、他の消費者金融の18%とほぼ同水準です。

 

オリックス銀行では上限金利が高く、下限金利が低い傾向にあります。つまり借入金額が少額だと金利は高くなるものの、借入金額が多額になれば、金利はかなり低くなるというのがオリックス銀行の特徴なのです。

 

そこでオリックス銀行を利用して借り換えを行う場合、数百万円の借金について借り換えを行えば大きな効果を発揮することになります。同様に上限金利が高い銀行にはじぶん銀行の17.5%というものもあります。100万円未満の借り換えについてオリックス銀行とじぶん銀行を利用しても、ほとんど効果が得られないため注意をする必要があるのです。

 

年収が200万円未満の場合には、債務整理も選択肢となる

おまとめローンを利用したり借り換えを行うと、借金の返済が容易になります。しかしこれらおまとめローンの利用だけが借金返済の方法ではありません。債務整理を利用するという方法もあります。

 

年収が300万円や400万円ある場合には、おまとめローン等を利用して借金の一本化を図り、自力で返済してゆくことも可能です。しかし年収が200万円未満の場合では、自力返済が困難になって、いくら努力しても借金を減らせないということもありえます。このような時、現実的な対応となるのが債務整理です。

 

最も手続きが簡単でよく行われているのが任意整理

債務整理には様々な方法があるものの、任意整理がよく行われる手続きです。任意整理は当事者間、すなわりローン会社と利用者が裁判外で話し合いを行い、利息制限法を超える支払利息について過払い金として利用者に返還しそれを返済に充当することを定めたり、利息のカットや月々の返済額の減額について合意を目指すものです。この任意整理を利用すれば、裁判所に出頭する必要もなく、また返済額の減額も図れることになり、月々の返済を楽にすることができます。

 

債務の返済が困難なら個人再生することも可能

任意整理の話し合いがまとまらなければ、裁判所の力を頼って債務額の減額を目指すことになります。個人再生は裁判所の仲介によって借入金の総額を5分の1から10分の1に大幅に減額するものです。債務額の8割から9割が放棄されるため、返済しなければならない金額は残額の1、2割の金額となります。

 

これだけ債務額が減額できれば返済は容易なものとなります。ただし個人再生によって減額された債務については原則3年以内に完済しなければならないため、注意が必要となります。なお任意整理や個人再生などの債務整理を行うと、個人信用情報に事故情報が記載され、その後のキャッシングやクレジットカードの利用が制限されるようになります。そこで債務整理については最後の手段と考える必要があります。

人気のカードローン

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日